Showa Liaison Center | Project Report

infie(l)ducation02―― 国道17号線の幸福論

01_各自が訪れたフィールドワークの内容を共有
01_各自が訪れたフィールドワークの内容を共有

プロジェクト名:infie(l)ducation02―― 国道17号線の幸福論
実施期間:2016年4月~2017年3月
担当教員:天笠 邦一
コラボ外部団体:株式会社 インフィールドデザイン
プロジェクト内容:
昭和女子大学 あまラボ(人間社会学部 現代教養学科 天笠研究室)と株式会社インフィールドデザインでは、経験デザインの手法を用いて、社会課題の解決を目指す共同研究を継続的に実施しています。初年度だった昨年は「小1の壁をのりこえるコミュニケーションデザイン」、二年目となる今年は「国道17号線の幸福論」をテーマに、未来の社会をよりよいものにするイノベーションのアイディアを、学生たちが、経験デザインの手法を学び、活用しながら考えてきました。
豊かさとはいったい何で構成されているのでしょうか?私たちが、都会で感じている物質的な豊かさとは代えがたい普遍的なものなのでしょうか?「国道17号線」、東京の日本橋から文京区を抜け、東京の郊外地区である埼玉県戸田市・さいたま市を通り、北関東の工業地帯を抜け、山間の過疎地区から日本海側最大の都市である新潟市に至る道、日本の断面が垣間見える道です。その17号線沿線の各所でフィールドワークを行い、そこでの知見を用いて「生活拠点と幸福の関係」を探り、それを元に、10年後の進んだ技術の中での各地域での幸せの形を考えるワークショップを実施しました。


flag
01_スタートアップミーティング
02_浅草フィールドワーク
03_戸田フィールドワーク
04_群馬フィールドワーク
05_魚沼フィールドワーク
06_新潟フィールドワーク
07_ダウンロードワークショップ
08_シンセシスワークショップ
09_成果報告会